2008年07月25日

完全にしらけた結果に終わりました

「あんたの会社はとんでもないやくざのような会社じゃないか、

そんな事実があった事を隠して何食わぬ顔をしていい人ぶって

とんでもない奴だなあ。そんな会社とまともに取引が出来ると

思っているの?冗談じゃないよ!」

もちろんそんな事実があったことなど僕が知るはずもなく、

「申し訳ありませんが、その事は私が入社する前の事だと思い

ます。

私もその事は全く存じませんでした。もし昔そのような事が

あったとしても、今はその事業部そのものも存在しておりません。

それに今の私の部署にはそのような非道をするような者は居りま

せん。

もし過去にそのような事があったとしても、今の事業には、必ず

皆様に納得していただけると思いますので、何卒今日のセミナー

だけはご参加お願いします。」と平謝りしましたが、皆釈然とし

ないまま、一応はS社長の顔を立ててセミナーには参加してくれ

ましたが、完全にしらけた結果に終わりました。
posted by 50おっちゃん at 22:09| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

ある出来事のおかげで・・・


翌朝、みんなの様子がおかしいのです。

昨日の夜とは打って変わって、皆とてもよそよそしく、僕は訳が

分りませんでした。

あまりにも様子がおかしいので、中の一人に「どうかしましたか?」

と聞くと、その人が「あんたはとんでもないうそつきだな。昨日の

夜まではとてもいい人だと思っていたのに・・・」。

僕は愕然としました。

思わず「どうしてですか?」と聞くと、参加者の中にうちの会社に

対し快くない思いを持っている人がいたらしく、昨夜の部屋割りで

一緒になったほかの社長達にある出来事を話したみたいです。

その出来事と言うのは、僕が入社する前の事ですが、以前会社が売

り出していたある健康器具の代理店が、会社の営業の者に無理矢理

在庫を持たされて、業績不振のままとうとう首をくくって自殺して

しまったという事があったみたいで、その人の友人と言う人がこの

メンバーの中にいたんですねえ。
posted by 50おっちゃん at 20:58| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

約束の手形

M部長が復帰しないとなると、、後は約束の手形を僕が取らなけ

ればなりません。

それには一つ条件がありました。

それはS社長の異業種仲間の社長連中に、ビジネス提案のセミナー

を開いて、何とかそのうちの何人かをビジネスの仲間に加える事

でした。

その後に手形を切るという約束になっていて、その条件をM部長と

交わしたところまでが、それまでの経緯でした。

一応何人かの社長達には根回しが出来ていて、いよいよ明日が

ビジネスセミナーというその夜、S社長の肝いりで、O市にある

温泉旅館で彼ら数人との顔合わせの宴会がありました。

最初はちょっと緊張しましたが、とりあえずは彼らに受け入れて

もらえる事が出来、その夜は非常に打ち溶けて、宴会の後カラオケ

などで盛り上がり一応ほっとして、その夜は僕も気分よく休んだ

のですが・・・
posted by 50おっちゃん at 08:08| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

次々と出てくる僕の知らない条件

何よりも困ったのは、I市のS社長とのやり取りでした。

実は、それまで僕はそのS社長とは一面識もなかったのです。

ただ、M部長が、契約後は部下のM課長(僕)が担当として赴任

しますと約束していたみたいで、幸いにも一応は受け入れては呉れ

たのですが、どうしてもM部長との交渉の時に色々な条件を約束し

ていたみたいで、僕の知らない条件を次々出してくるのです。

それに最初はM部長は病欠という事でごまかしていましたが、

そのうちに隠しとおせなくて、脳出血の事を知らさなければなら

なくなりました。

ただ、その原因は、階段から足を踏み外して転んで、脳出血になっ

たことにしたのでした。
posted by 50おっちゃん at 00:22| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

一命だけは取り留めたのですが

僕はやけにあっさりしてて、冷たいなあと思いましたが、それには

色々と訳があって。後で事情を聞くとなるほどと思う事もありまし

た。

結局その日は、夕方5時くらいまで、集中治療室からはうんともすんと

も言ってきませんでした。

夕方になって、奥さんが来ましたので、後の事を頼んで、僕はM部長

がし残した仕事の後始末の為、次の仕事場に移動しました。

後で様子を聞くと、結局出血が中々止まらずに、手術は出来なかった

みたいです。

ただ、一命だけは取り留めたのですが、しばらくしてお見舞いに行っ

たときのM部長はとてもそれまで100名の部下を指揮していた面影は

全くなく、まるで植物人間のように、うつろな目で、見舞いに行った

3課長を見て、時々涙を流していました。

その時の様子があまりにも悲惨だったので、僕ら3人も思わずもらい

泣きをしてしまったものです。

その時を境に、僕の背中にはとても重たい荷物がどっと寄り掛かって

来ました。
posted by 50おっちゃん at 15:15| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

会社と言うものは非情なもの...

僕の電話に最初社長は驚いて「早く家族に連絡して知らせてやるよう

に。後はお前に任せるぞ。」と、ここまでは良かったのですが、この

後に続いた言葉に、ちょっと驚かされました。

「この事は、絶対口外しないように。特にI市のS社長の耳には絶対

入れるな。健康産業のメーカーの部長、ましてや直接の交渉相手が

脳卒中で倒れたとなると、会社のイメージだけではなく、せっかく

まとまりかけている手形の事もフイになってしまうからな。

後の処置はお前が責任を持って処理するように。」

このときはさすがに会社と言うものは非情なものだなあと感じずには

いられませんでした。

その後何とかM部長の実家の電話番号を調べて電話をしましたが、

留守でつながりません。

その当時M部長の奥さんは地元の小学校の教師をしているという事

を聞いていましたので、S市の小学校に片っ端から電話をかけまし

て、ようやく連絡がつきました。

M部長の奥さんは、僕の電話にちょっと驚いたような感はありました

が、拍子抜けするぐらい冷静で、「直ぐに伺いますので、病院の名を

教えてください。ご面倒をお掛けしています。」と言って電話を切り

ました。
posted by 50おっちゃん at 07:43| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

診断は脳内出血

M部長はやたらあくびをしながら、グーグーいびきをかいているのです。

とっさにこれはただ事ではないと思い、フロントに救急車の手配を

お願いしました。

救急隊員が部屋に来るまでの時間はほんの2〜30分ぐらいのものだっ

たと思いますが、その時はとても長く感じました。I代理店は必死

でM部長の名前を呼んでいましたが、僕は自分自身もこのまま倒れ

るんじゃないかと感じ、急に吐き気を催し、何度もゲーゲー言って

いました。

何故なら、M部長も僕も体格は似ていたし、お互いに血圧も高く、

用心するべき事でしたのに、どちらかと言うと、僕の方が血圧も

高めで、症状的にも可能性は僕の方が高かったのに、M部長のほう

が倒れてしまった事にひどいショックを受けたのでした。

M部長が倒れたという事は自分も倒れる可能性があるのだと、

マジに実感したのはその時が初めてでした。

とにかく救急車に乗ってS市の市民病院に着いたのは多分午前10時頃

だったと思います。

直ぐにI・C・U(集中治療室)に運び込まれ、担当医が直ぐにレン

トゲン写真を撮って出てきました。

診断は脳内出血。

写真で見ると、1箇所ではなくて3箇所も破裂していて、この出血が

止まらないとの事。

担当医は僕に「とりあえず止血の処置をしますが、もしこのまま出血

が止まらない時は、覚悟してください。

出血が止まれば緊急手術になりますので、ご家族の承諾を取る暇が

ありませんから、あなたが承諾書に印を押してください。」と言い

ましたので、僕は直ぐに承知して、「何とか助けてください。ご家族

には僕がこれから連絡をします。」と言って直ぐに、社長に電話を入

れました。
posted by 50おっちゃん at 07:58| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

部長の様子が・・・

朝食を済ませて、部屋に戻り、今夜の温泉招待の宴会の進行係を僕が

やることになり、その進行の打ち合わせを始めた頃、M部長の携帯が

鳴り、電話を取ると、それは社長からの電話でした。

多分昨日の手形獲得の交渉の結果を知りたかったのでしょう。

とりあえず無事交渉がまとまりかけている事を報告していたのです

が、急に気分が悪くなったのか、僕に向かってティッシュをくれと

いった後に「社長、すみません。ちょっと気分が優れませんので、

後はM課長に代わります。」と言って、携帯を私に渡した後、おも

むろにベッドに倒れこみました。

社長も驚いて、「Mはどうしたんだ?風邪でも引いたのか?気分が

悪いのならお前がちゃんと面倒を見るように。」と言って電話を切

りました。

僕も突然の事で、よく状況がつかめていなかったので、社長にはあい

まいに答えて、ベッドの方を見ると、何だか様子がおかしいのです。
posted by 50おっちゃん at 11:17| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

とても並みの身体じゃないよな

次の日は、S市のM病院の医院長のN氏と地元の代理店数名を東北で

有名なA温泉に招待する事になっていました。

招待主はM部長と深い関係のI代理店です。

何故なら、このグループはM部長が個人的にI代理店の傘下に加えた

ものですから、利益はM部長とI代理店の折半になるのですから・・

A温泉での招待の件はその日、急にM部長から連絡があり、急遽僕に

参加するようにとの指示でしたので、ホテルの予約をしていなくて、

駅の近くを探しても中々見つかりませんでした。

どうしようかと思っていたら、M部長が「俺が駅近くのWホテルの

ツインをシングルユースで取っているから、そこに泊まれ」と言った

ので、そうする事にしました。

M部長とは久しぶりに顔を合わせた事もあって、その夜は3人で街に

呑みに出かけました。

その時の部長は、新幹線の中での疲れた顔はまったくなく、上機嫌で

夜中の1時位まで飲んでからホテルの部屋に戻りました。

それだけでは飽き足らず、それから部屋の備え付けの冷蔵庫から、

ビールや酒を取り出し、二人で全部呑んでしまい、挙句の果てに、

I代理店の部屋からもビールと酒を持ち込んでそれも全部呑み干し

てしまいました。

翌朝は8時頃目が覚めて、僕はさすがに呑みすぎたなと思いましたが、

M部長の方は、何事もなかったように、最上階の朝食バイキングへ行

くぞと言って、僕とI代理店をつれて行き、食欲のない僕を尻目に、

旺盛な食欲でもりもりと食べていました。

僕はその時、「この人の身体はどうなっているんだろう?とても並み

の身体じゃないよな。」

と半ば呆れ顔で見ていました。

ところが、事件はその後に起こったのでした。
posted by 50おっちゃん at 20:38| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

夢よもう一度

その代理店はF県のI市にあるS代理店で、その代理店はM県の代理店

との異業種同友会のつながりでした。

S代理店は、バブル以前に羽毛布団のシステム販売で大成功を収め、

その後次々と事業を起こし、僕が担当になった時は7つの会社を経営

していましたが、ホテルや不動産、建築などの会社がバブル崩壊と

共に急激に経営悪化をたどり、何とか経営の建て直しをと考えていた

みたいで、丁度その時に、M県の代理店からビジネスの提案があり、

昔のシステム販売の「夢よもう一度」の思いがあったみたいです。

とりあえず、特約店の権利を取るのに600万円の手形を切る話になっ

ていて、その交渉をM部長自らやっていたのですが、その途中、とん

でもない事件が起きたのです。

その日は、僕はI代理店主催のセミナーのためにM県のS市にいま

した。

I代理店と同道していたセミナーを終えて、I市に行っていたM部長

と新幹線で乗り合わせて、次の仕事のために、正宗公で有名なS市に

向かいました。

待ち合わせた車両に乗り込むと、M部長がとても疲れた様子で席に

座っていました。

様子を聞いてみると、昨夜、最後の交渉で、I市のS代理店から手形

を切る約束を取り付けたのですが、夜中の2時過ぎまでかかってよう

やくウンと言わせたとの事でした。

多分、寝不足と疲れからさえない顔をしていたのでしょう。
posted by 50おっちゃん at 20:29| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。