2008年08月21日

僕を待っていた社長・・・

そしてもう皆が解散した頃だろうと思う時間におもむろに会社へ

向かいました。

会社には夕方の6時過ぎに着きましたので、管理に行く前に玄関

のところで電話をしようとしていたら、突然、前から社長がほろ

酔い加減で出てくるではありませんか。

営業の皆は4時過ぎに解散したみたいでしたが、社長は管理部の

部屋で今まで部長を相手にビールを飲みながら、僕を待っていた

みたいでした。

多分痺れを切らして帰ろうと思ったところだったんでしょう。
posted by 50おっちゃん at 20:10| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

手形はまだかの矢のような催促

S社長はその日の朝のうちに、手形を切ってくれましたので、

僕はそれを受け取り、東京行きの電車に乗り込みました。

翌日が金融機関の最後の営業日という事もあり、社長からは

管理部を通して手形はまだか、手形はまだかの矢のような催促

の電話がありましたが、それまでの不条理な扱いに、さすがに

腹に据えかねていた僕は、その都度わざと「手形は未だ受け取

っていません。」と言い、お昼には東京には到着していながら、

会社へは向かわずそのまま東京駅近くで遊んでいました。

午後の3時に御用納めが始まるのは承知していましたが、どうし

ても少しは社長をじらしてやらなければ腹の虫が収まらないと

思い、わざと東京駅の近くで時間を潰していたのでした。(笑)
posted by 50おっちゃん at 14:28| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

何が何でも必ず手形を・・・

M部長の突然の戦線離脱に加えて、思いもよらなかった過去の出来事

が交渉にストップをかけてしまいましたが、うちの超ワンマン社長

にはそんな事は通じません。

そんなのは理由にはならん!何が何でも必ず手形を持って帰れ、の

一点張りでした。

その代わり、期限は少し先送りにすると言う約束だけが、僕の唯一

の救いでした。

それからの僕は、S社長と一緒に新たなターゲットである社長連に

事業提案をするために、夜討ち朝駆けの勢いで、東北、北海道と

走り回りました。

何とか数人の新しい事業者が出来て、商品の行き先の目途がついて、

S社長が手形を切ってくれたのは、その年の瀬で、その日は丁度僕達

営業社員の御用納めの日でした。
posted by 50おっちゃん at 07:33| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

S社長の気持ちに変化が起きました

結局、その事があって、S社長の気持ちに変化が起きました。

「Mさん、申し訳ないが、手形を切る話はちょっと待ってくれ。

あんたを信用しないわけではないが、私も宛てにしていた社長

連中が皆そっぽを向いてしまったんじゃ、予定が狂ってしまったよ。

手形の商材を確実に捌ける相手を見つけなければ、簡単には手形

を切るわけには行かないよ。これから別の異業種の社長達に提案

してある程度目途が立ったときに考えるのでそれまで、一緒に動

いてみてくれないか。」

そういわれればそれ以上話を進める事は出来ません。

僕は思わぬアクシデントに、困ってしまいました。
posted by 50おっちゃん at 20:56| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。