2008年11月30日

差し入れのお婆ちゃん

そんな中で、とても申し訳ない出来事が起きました。


会場の近くの団地に住んでいる84歳のお婆ちゃんが、

よく差し入れを持って来てくれていたのですが、

ある日を境にぷっつり姿を見せなくなったので、

とても心配していたのですが、

しばらくして、訳が分かりました。


来場者の中に知り合いの人がいて、

様子を聞いてきてくれたのですが、

お婆ちゃんは、団地の階段で転んで、

骨折をしてしまったのでした。


骨折のわけを聞いて、僕は唖然としました。

お婆ちゃんは、その日僕に差し入れする為に

ゆで卵を作っていたのですが、

一度団地の1階まで降りてから、

ゆで卵を部屋に忘れて来たのに気付いて、

あわてて5階まで戻る途中に

階段で転んでしまったとの事でした。


古い団地でエレベーターのない上に、

よりによって5階に住んでいたのに、

毎日、毎日差し入れを持って通って来てくれていたのでした。


僕は、お婆ちゃんが入院している病院を訪ねて、

申し訳ないと謝りました。


お婆ちゃんは、大喜びで、お見舞いに行った僕に

大感激で涙を流していました。


あのおばあちゃんも生きていれば

もう90歳は当に超えているはずです。
posted by 50おっちゃん at 17:36| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

差し入れ合戦

展示販売で一番大切な事は、

来場者に好かれることですね。

ある意味人気商売みたいなもので、

中高年のアイドルになれなければ

会場の雰囲気も盛り上がらなく、

クロージングも上手く行きません。


高齢の女性でも結構おしゃれして

入念なお化粧で通ってくる人もあり、

結構嫉妬心も強く、

ちょっとでも対応をおろそかになったりすると、

機嫌が悪くなったりする事もあります。


人気のバロメーターになるのが差し入れの数です。

殆んど毎日、弁当を作って通ってくれる人や、

ネクタイとかハンカチとか

プレゼントしてくれたりと

結構、見入りも多かったです。

中には終わった後に

食事に誘うお婆ちゃんなんかもいましたね。


変な話かもしれませんが、

差し入れやご招待の多さは

成約の多さに比例していましたね。(笑)
posted by 50おっちゃん at 21:05| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

強烈なオーバートーク

上司からは「Mさんは、他は十分出来ているけど、

この断言だけが弱いね。

ここが直ればもっと成約率が上がるのに・・・

お客が購入を迷っている時は、

強く押してあげなければ決まらないよ。」

と言われ続けていました。


僕の場合、なまじ知識があったせいか、

そんなウソはつけないという思いが強くて、

どうしても後ろめたい気持ちが働き、

つい断言だけは弱気になってしまいました。



販売者の中には、

がんも治るなんてとんでもない事を言う者もいましたが、

そんな事は絶対にあり得ない事ですし、

いくら売るためにとは言いながら

それはあんまりだろうと思うのですが、

会社はそんな事は余り問題にしていなくて

とにかく何が何でも売る人間が優秀だという評価でした。


それでも、僕はトップセールスにはなれませんでしたが、

そこそこ成績は良かったんですよ。(笑)
posted by 50おっちゃん at 19:08| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

4つの言葉

4つの言葉の意味ですが、

『希望』とは、治療器の効果で今の状態が、

例えばひざが痛くて歩けないとか、

肩こりがひどいとか、眠れなくて困るとかの状態が、

良くなっていく事を強調する事で希望を持たせる事です。



『夢』とは、治療する事によって、

現在やりたくてもやれない事がかなう、

例えば、皆と旅行に行ったり

ゲートボールをやりたいと思っていても

今のままでは足腰が悪くて難しいが、

治る事でその夢がかなうという風に

そのお客が症状がよくなった後の状況を想像させる事です。


『悪化』とは、このまま治療器を使い続ければ

必ず夢がかなうけど、

もし、ここで治療を止めたら

せっかく良くなりかけているものが

また悪くなってしまうだけではなく、

1年後、2年後は今以上に悪くなってしまうという風に

善意の脅しを掛けるみたいな事です。


そして最後に『断言』という作業がありますが、

これが一番きつい言葉です。


これは絶対治るとはっきり言い切る事です。

治療器を使えば絶対治る、止めればまた悪くなるという事を

相手に強い言葉で言わなければならないのですが、

実は、僕はこの言葉が1番苦手で、

研修のロープレイでも強く言えなくて

注意ばかりされていました。
posted by 50おっちゃん at 22:30| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

仕掛け

情報を把握するという事はまず、

来場者身体生活状態を知る事です。


体験に来ているお客のどこが悪いのか、

そのお客の家族構成はどうなのか、

生活状況はどうなのか、

お金は持っているのかなどの情報

ある程度把握した中から購入者選別をするのです。


そして1週間が過ぎ、ある程度客足が安定してくる頃から、

クロージングの為の仕掛けをするのですが、

それにもちゃんと、トークマニュアルがあって、

表面的には売りの言葉はありませんが

相手に与える、心理的効果を狙ったやり方になっているのです。


基本的なトークマニュアル

『希望』、『夢』、『悪化』、『断言』の4つの言葉を繰り返し使う事で

相手の購買意欲を高めていくのです。
posted by 50おっちゃん at 21:49| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

40日の行程

まず、会場は1台数十万という電位治療器を

売るための会場ですから、

人が集まるようにしなければなりません。

根回しというのはそのための準備なのです。


会場がオープンしたら1サイクル40日の販売行程があります。

まず最初の1週間から10日は集客に集中しなければなりません。


そのためには絶対売りの言葉は禁物です。

あくまでも無料体験の場という事を強調して、

お年寄りが安心して体験に来れるような雰囲気を

作らなければなりません。


ここで、つい値段などを口走ってしまえば、多分来場者が警戒してしまい

人も中々集まりにくくなってしまいます。


とにかく何とか販売ターゲットを一人でも多く集める事です。

集めながら、ちゃんと把握しておかないといけない事は、

来場者一人、一人の情報です。
posted by 50おっちゃん at 20:25| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

電位治療器

この展示販売、何の販売かというと

よくお年寄りが通っている姿を

見かけた人も多いと思いますが

電位治療器体験販売なのです。


この電位治療器は歴史も古く、

医療機関でもよく利用されているので、

お年寄りには中々の人気なのです。

一時ほどの売れ行きはありませんが、

今でも根強く売れ続けています。


ただ、売れるためにはちゃんとした仕掛けがあって、

ただ体験をさせるだけでは

決して右から左へと売れる訳はありません。


マニュアルはそのためのものであり、

そのマニュアルをきちんと遂行して、初めて売れるのです。

そのマニュアル、ここだけの話として

こっそり教えましょう。
posted by 50おっちゃん at 20:03| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

展示販売の裏話

僕はといえば、

会場的には余り恵まれた立地条件とは言えませんでしたが、

最初の来場者達が口コミで上手く誘導してくれたので、

着実に来場者も増えて

クロージング自体はあまり苦労せずに済みました。



とりあえずは最初の5台以上の7台成約で

無事正社員になる事が出来ました。

でも、その後の成績はいつも彼女の方が上でした。

彼女は初回こそ苦戦をしましたが、

後は常に営業所でも1〜2位を争う成績で、

1年もすると全国的にも上位の成績を取るようになりました。



僕は数年間その会社に世話になりましたが、

ある日突然、昔の会社の代理店の社長が訪ねてきて、

新しい会社の立ち上げにぜひ協力してくれと頼まれ、

散々悩んだ挙句つい承諾してしまいました。



そこでも結構いろんな事がありまして、

最終的には

心筋梗塞という大変な病気を

引き起こす事になるのですが、

そのことについては後でゆっくりお話しするとして、

もう少しこの展示販売の仕事の裏話を致します。
posted by 50おっちゃん at 17:21| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

晴れて正社員!

会場に行っても安心して安らげるような雰囲気があり、

お客がみんな信頼して体験している様子が伝わってきました。



特に饒舌に話をしているわけでもなく、

マニュアルトークも上手く喋っているようには思えないのですが

来場している高齢者が居心地良い会場を作っているのです。

来場者にとって母親か姉のような存在なのかもしれません。



ただ、そんな彼女も、最初の会場ではかなり苦戦した模様で、

売り上げが最低ノルマの5台にどうしても間に合わず、

締め切りが来てしまったのです。



ここで偉かったのは当時の支店の所長でした。

この人は彼女の力を見抜いていて、

このまま不合格にしては惜しい人だと思い

何としてもノルマをクリアさせようと、

本社に掛け合いもう1台見込み客を契約するまで、

期日をずらしてあげたのでした。



そのお蔭で、彼女は何とかもう1台をクリアして

正社員になったのでした。
posted by 50おっちゃん at 20:10| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

脱落者

話は戻りますが、研修終了者5名のうち、

1人は根回しの段階でリタイア、他もう2人は会場に入ってすぐ、

集客が思うように行かなかったためにリタイアしてしまいました。


残ったのは僕ともう1人、

その人はそれまで全く仕事の経験も無い専業主婦で、

年齢も僕より上で、研修中もトークは全く出来ない人でした。


普通に考えれば、

研修の段階で落とされていても不思議ではないような人でしたが、

何故か研修最後まで残った上に、

今では営業所一のトップセールスにまでなった人です。


でもそれにはちゃんとそれなりの理由というものがあります。

その人には何故か相手を包み込むような大らかさがあって、

それが魅力の人でした。
posted by 50おっちゃん at 20:17| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

デモ会場オープン!

会場は住宅街のど真ん中で、

普段は人もめったに通らないような場所だったので、

よほど根回しが徹底していないと、初日に人が来なければ、

後は集客がジリ貧になってしまい、

販売不可能になってしまいます。


30名ほどは来場の約束を取り付けてはいたのですが、

もし口先だけで誰も来なかったらと思うと、

初日はとても緊張しました。


オープンしてしばらくして

最初のお客が来た時は思わずほっとしましたよ。(笑)


初日は結局11名しか来場者がなく、

もし二日目がこれより少なくなったら、

多分その会場は失敗に終わるでしょう。


でも幸いに二日目は3人増えて14人の来場者でした。

こうなれば後はしめたものです。

後は上手に誘導すれば雪だるま式に来場者は増えていきます。


事実、日を追うごとに来場者は増えていき、

ピーク時には1日70名を超える来場者になりました。
posted by 50おっちゃん at 19:43| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根回し

この仕事で一番辛い事は、

会場に人を集める『根回し』という作業でした。


会場が決まると、あらかじめ4~5日前から、

チラシをもって周りの家を一軒、一軒廻って

会場へ出向いてもらう為の

挨拶をして廻らなければなりません。


それでもただチラシをポスティングするだけなら、

別に大変ではありませんが、

きちんと家を訪ねて口頭でお願いして廻らなければ、

とても集客はおぼつきません。


期間中に最低でも500軒以上は訊ねるのがノルマになっていて、

そのうち来場の約束を取り付けるのも

30人以上は必要とされていました。


実際、口約束はしていても

最初はそのうちの何人が来場するのかは

ふたを開けてみなけれが分りません。


僕の場合は、運悪く『根回し』の期間中、

天候が悪く半分は雨の中での作業でしたので

傘を持ってチラシを配るのは大変苦労しました。
posted by 50おっちゃん at 01:46| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

入社研修

研修は、ある健康機器展示体験会場での

デモ販売の仕事のマニュアル習得カリキュラムでした。


業務の流れに沿った営業トーク知識習得などを

最初は全体的なロープレイで、習うのですが、

研修が進むにつれて応募者がどんどん落とされて行き、

研修最後にはわずか5名しか残っていませんでした。


それで無事採用かというと、そうではありません。

研修が終わると、研修生それぞれに展示会場が割り当てられ、

そこで40日ワンクルーの中で

最低5台の売り上げを達成できなかった場合は、

そこで採用も取り消しになるという、かなりシビアな会社でした。
posted by 50おっちゃん at 19:14| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

面接

A社を辞めた後、N氏の事もあって4〜5日ゆっくりした後、

ハローワークで見つけてきた会社の面接を受けました。



まあ、ゆっくり探そうかなと思いながらも、

年齢的にはかなり業務的に狭められている状況では、

余り余裕があるとはいえませんし、給与条件を考えて、

ある健康器の販売会社を受けて見る事にしました。



募集要項の中の採用条件が良かった為か、

第一次面接には100名以上応募者が集まりました。



そこでは簡単な面接書類審査があり、約半数が振り落とされました。

次の日、第二時面接ではグループに分かれて、

ちょっとしたロープレイが行われ、

そこでも半分が落とされ、最終的に、

一週間の研修を受ける人間は24〜25名まで減らされました。

posted by 50おっちゃん at 19:05| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

退職

N氏の事はこのくらいにして、

僕がA社を辞めた後に移ります。

僕はある意味、サラリーマン失格なのかも知れません。

どんな状況にあっても、

会社を辞めてしまったらサラリーマンは負けでしょう。


A社は確かにある意味、はちゃめちゃな会社ではありましたが、

報酬は結構良かったので、

そのまま、理不尽な事も飲み込んで我慢をして勤めていたら、

生活も安定していたかもしれません。


でも、普通の神経の持ち主では

絶対長続き出来ない会社であったことには間違いありません。


それが証拠に、現在も会社は存在していますが、

私より古い社員は、残念ながら1人も残っていません。

最近の事件で、この後会社自体が存続できるのかも

定かではないようです。
posted by 50おっちゃん at 17:04| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

娘達の人生

あれから、10年以上経ち、

今でも時々線香をあげにN氏の家を訪ねますが、

子供はまずまず元気に育っているみたいです。


ただ、そろそろ子供が世間のいろんな事を知る年頃に

なってくるであろう

この先が大変だろうなあと思います。



長女とは正反対に、

次女は会社の同僚と平凡な恋愛で平凡な結婚をしました。

僕も彼女の結婚式には出席しましたが、

同僚と一緒の席で、

何だか自分たちの娘を嫁に出したような思いで、

花束贈呈の時は思わず二人とも泣いてしまいました。





その彼女も、二人の子供を授かりましたが、

不幸な事にそのうちの次男が

難病のために1年足らずでこの世を去り、

嫁ぎ先でも夫や彼の両親とうまく行っていないらしく、

時々実家に帰っては、母親に悩みをぶちまけていくみたいです。



奥さんは

『もし、主人が生きていたら、娘達ももう少し違う人生に

なっていたのかなあと思うと、生きている時は

あれだけ口うるさくて疎ましいと思っていた人が、

いて呉れたらとつくづく思いますよ。』

と愚痴をこぼしていました。
posted by 50おっちゃん at 14:17| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

未婚の母!

もしN氏が生きていて、

この事を知ったら烈火のごとく怒り狂ったでしょうが、

彼の奥さんは、どうしても産みたいと言い張る長女に

『そこまであんたが言うのなら、仕方がないね。

全てはあんたの人生だから、あんたの良いようにしなさい。

でも子供に対する責任は、あんたに全部あるのだから

それを覚悟の上なら、私は何も言わない。

私が生きている間は、出来るだけ助けてあげるけど、

後はあなたがきちんと子供を育て上げなさい。』と言ったそうです。




奥さんは、N氏とは正反対の考え方を持った人でした。

N氏は子供可愛さに必要以上に娘達を干渉していましたが、

奥さんは、人生は人それぞれ、

娘達の生き方は本人達の自由に任せるみたいな・・・

どちらにしても子供たちへの愛情には変りはないと思いますが、

それにしても極端な夫婦だったよなあ。
posted by 50おっちゃん at 20:52| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

N氏の長女は・・・

その後、長女は多分その時の男性と結婚したのでしょう。

結婚式も挙げない形で

1度は相手の実家へ付いて行ったみたいですが、

結局は相手の親と上手く行かなかったのが原因らしく、

直ぐに戻って来てしまいました。



多分、N氏はこうなる事が分かっていたから、

強引に反対したのでしょう。



彼女は戻ってからしばらく地元で働いていたのですが、

今度はその職場で結婚出来ない関係の男性と恋愛をし、

結局は不倫の子供を宿してしまったのです。



こんな時、普通だったら、

相手に離婚を迫るか子供を卸すかを選択するのでしょうが、

彼女は驚いたことにシングルマザーの道を選んだのです。



よほど、一途なのか、頑固なのか、

こうと決めたら絶対後には引かない正確が

N氏とよく似ているなあ。
posted by 50おっちゃん at 22:21| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

似たもの同士の親子

実は、N氏ががんで入院している時も、

長女は何度も病室の前までは行くのですが、

どうしても中までは入らずに、

付き添っている奥さんの説得にも

頑として首を縦に振らなかったみたいです。



また、N氏も奥さんから

『長女が外に来ているから中に入るように言えば。』といわれても

別に入ってこなくてもいいと強がって、

結局、意識がなくなるまで長女とは顔を合わせなかったのでした。



彼が亡くなった後、長女にその事を聞いてみると、

『多分お互いに引っ込みがつかなくなってしまったために、

こうなってしまったけれど、

私は何度も病室の前までは行きました。

父が一言『入れ。』といったら、中に入っていたと思います。

でも父の性格では絶対言わないだろうとは思っていましたが、

どうしても、父にぶたれた事が許せなくて、

ついそのまま帰ってしまいました。

今になってみれば、その事には悔いが残ります。』


僕はつくづく、二人とも不器用な性格だったなあと思いました。
posted by 50おっちゃん at 17:21| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

果てしない親子喧嘩!

とにかく、普段は子供に口うるさい親父でしたが、

子煩悩な男でもありました。

ところが、長女とはその後ある事があって、

亡くなるまで親子喧嘩のままで

息を引き取ってしまいました。

詳しくは聞いていませんが、

どうも長女の恋愛の事で言い争いになって、

ついかっとなって手を出してしまったみたいです。

長女は、その事がとても許せなかったみたいで、

その後N氏とは一言も口を聞かないし、

N氏も頑固だから絶対謝らないし・・・

二人は性格がよく似ていて、

一度へそを曲げたら、頑として自分を曲げないので、

とうとう、よりを戻すきっかけをなくしてしまったのです。
posted by 50おっちゃん at 18:03| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。