2009年01月31日

S組織の崩壊

最初の問題は、S市のK販社のグループの崩壊でした。

最初こそ100人ほどの動員がありましたが、

その後は何度かセミナーを開くのですが、

そのたびに参加者は段々減っていき

会場には結構料金の高いホテルを借りていたので、

何とか動員をお願いしても、

表面的には頑張るそぶりを見せていたのですが

組織のメンバーさんから連絡を頂いて、びっくり!

K氏は密かに他の商品のネットワークを始めていて、

メンバーさんたちに

盛んにそっちへの移動登録を迫っていたのでした。


それが嫌で段々メンバーを抜けていく人が増えて、

いつの間にか、取り巻きの4~5人だけ残り、あとは

雨散霧散の状態に陥ってしまいました。


そしてK氏に代わって元々東北出身のM部長が

残りのメンバーをまとめてセミナーを開催するようになり、

いつの間にかK氏のお仲間は

自然消滅のような形になってしまったのです。
posted by 50おっちゃん at 07:45| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

思惑違い

とにかく、自分が考えた以上に多くの問題を抱えたままのスタートで

どうなるものかという感じでした。


東京での最初のスタートからかなりの人が離れていったのは、

I 社長の印象がそれまでは求心力と情熱の人という感じでしたが、

いろんな話を聞いているうちに、

わりと独善的であまり人の話を聞き入れては呉れない人という印象に

変っていったためだったのだと想像出来ます。


特にそれぞれ販社になったような人たちは、

それなりに自分の主張というものが有り、

それが受け入れられないと分かった時、

一人去り、二人去りという感じで、段々抜けて行き

結局は、最初からI 社長の組織だったメンバーと

ほんのわずかな他の組織のメンバーが付いてきただけという

状況でした。


つまり、僕が最初に持った印象とは随分かけ離れた

状況からのスタートでしたから、

残ったメンバーを大切に考えなければという思いで

最初の提言を試みたのでしたが、見事に失敗しました。


こうなったら、僕の役目は

I 社長と組織のメンバーさんたちのクッションになる事だと

覚悟を決めました。

ところが、これがこのあと僕をいろんな意味で、苦しめる結果となり

1年半程度で、とんでもない大病を引き起こす事になるのです。

<
strong>
posted by 50おっちゃん at 07:19| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

性格が災いの元

E県の事があった後、東北のS市に向かったのですが

ここの代表販社のK氏は前に述べたように、

年齢も僕やI 社長より少し上で、性格も短気だったので、

E県の時の様には行きませんでした。


I 社長の上から押し付けるような態度に猛烈に反発して

食事の席で大喧嘩になってしまいました。


ここでも僕は仲裁役みたいな格好で、

場を収めることになったのですが、

しこりは残ったままになってしまいました。


今度のK氏との事はほんの引き金的な事で、

このあと、I 社長の本質が随所に表れるようになって、

究極的にはこの性格が災いとなって、

後で決定的な打撃を受けることになるのですが、

詳しくは、この後の話を進めていくうちに分って来るでしょう。
posted by 50おっちゃん at 09:12| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

K氏のため息

彼は部屋の中へ入ってから、椅子に腰掛けると

「Mさん、I 社長の今日の剣幕はどうしようもありませんね。

僕達、これからあの社長の下で

仕事をしていかなければならないのでしょうか?

確かに前の会社の時は自分達の上位販社と言う立場でしたから、

ある程度の事は指示に従いましたが、これからは立場が違ってきますので

自分としては、自分達の仕事が出来るだけスムーズに運ぶように

ある程度の要求はして行きたいと思っていたのですが・・・」

と深いため息をついたのでした。


僕はK氏の言葉を聞くと

「Kさん、それは違うよ。

会社も、これまでのように全てがI 社長ひとりの考えだけで動くようでは

伸びるわけも無いよ。

僕の考えは、全国を4人の販社でエリアごとに管轄してもらって

それぞれの責任で組織を拡大してもらうのが理想なんだ。

そのためには、I 社長に物言える実力を

各販社につけてもらいたいと思っている。

特にKさんには全体でもカリスマ的な存在に

なってもらいたいと思っている。

とにかく、これから売り上げも組織も拡大するように

僕も精一杯の応援をするから頑張ろうよ。

それまでは仕方ないから、

今はじっと我慢してI 社長の言うとおりにするしかないだろうなぁ。」

と励ましました。

というよりは、自分自身にも言い聞かせる意味の方が

強かったかもしれません。

posted by 50おっちゃん at 12:57| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

W専務のTELとK氏の訪問

僕は「専務、多分I 社長の性格からして、

あの方は自分が思ったこと以外には

あまり効く耳は持たないような気がします。


こうなったら仕方がありません。

あの方の考えることに、

白も黒、黒も白という思いで付いていくしかありませんね。

専務も大変だとは思いますが、

内勤の事はしっかり専務に管理していただくしかありませんので

宜しくお願いします。」というしかありませんでした。


そしてしばらくすると今度は部屋のドアをノックする音。

ドアを開けるとそこにはK販社が立っていて、

「お休みのところ申し訳ありませんが、少しお話しがあります。

お邪魔しても良いでしょうか?」


手には数本のビールの缶を持っていました。


僕は「どうぞ、中へ入ってください。お話聞きます。」と言って

K氏を中へ入れました。
posted by 50おっちゃん at 08:52| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

前途多難!

そしてそれまでは和やかな雰囲気だったのが、

急にしらけたような状況で、

何となくその場は解散になってしまいました。


僕がやれやれと思いながら宿泊先のホテルの部屋に着くと

直ぐにW専務から電話があり

「Mさん、今日は本当に申し訳なかった。

やっぱり素直に聞く分けなかったんだ。

元々M子(I 社長の名前)は人のいう事をハイと言って

聞くような性格じゃなかったのに、無駄な事をさせて悪かったね。」


W専務は、スタートした当初から

この会社の事務処理の不備に困っていて

何とかしばらくはI 社長に事務所にいてもらって、

きちんと事務処理をして欲しいと思ったのでした。


何故なら、未だメンバーも未だ流動的なので、

事務処理で不備があったりすると

新しいメンバーも不安になったり、

不満を持ったりする恐れがあるので

そこがきちんと整備されるまでは

I 社長に事務所に落ち着いていて欲しいと言ったのでした。
posted by 50おっちゃん at 08:09| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

I 社長の怒り

とりあえず、食事をしながら

最初はとりとめの無い話をしていましたが

お酒も入ったりしながら話しているうちに、

皆が僕に目配せをして、

メモの要望について話すように促したので

おもむろに「I 社長、これから先の業務のあり方について、

みんなの意見、要望について聞いて欲しいのですが・・・」

と切り出すと、

「何なの?W専務が言った事なら、私は指図は受けないわよ。

第一何なの?私を差し置いて、皆で勝手に話し合って、

いきなり要求を突きつけるなんて!」と、

取り付く暇も無い剣幕でがなり立てたのでした。


「社長、皆さんは、別に要求とかそんなつもりで、

社長にお願いしているわけではなく、

これから何とか会社を発展させる為には、

こうした方が良いのではないかという事を

いくつか社長に打診しているだけですから、

お気を悪くしないで、冷静に考えてください。」

と、僕がなだめても、

いきり立って聞こうとはしませんでした。
posted by 50おっちゃん at 07:11| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

セミナーのあと・・・

最初のE県のセミナーの後でも、

地元のK販社、M部長、I 社長の義兄のW専務、

僕、I 社長の6人で、

食事を兼ねたミーティングをやったのですが、

その時、僕はW専務に事前に呼ばれ、

あるメモを預かったのです。


メモの内容は、I 社長へのいくつかの要望が

箇条書きになったものでした。


W専務はI 社長の姉の夫という関係ですので、

身内みたいなものですから、

みんなとミーティングをする前にI 社長には

メモの内容についての事を話したのです。


ところがI 社長はその事が気に入らなかったらしく、

聞こうとしなかったみたいで

仕方なく、僕の口から、

皆がそろったところで言って欲しかったみたいです。


僕は、I 社長が来る前に他の4人を交えて、

メモの内容の事を話し合いましたが、

みんなの意見もそのことに一致していたので、

他の人を代表して、

その事をI 社長に告げることにしました。


しかし、その事がその後の僕とI 社長の間に

微妙な隙間が生じる結果になったのです。
posted by 50おっちゃん at 15:30| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

血液型のせい?

もちろん、その事は最初の話の時に

僕が仕事を引き受ける条件にしていたので

I 社長も

「もちろん、新しい会社はメンバーさん達あっての会社だから、

当然、いろんな企画や方針は、

皆さんの意見を聞いてからやっていくつもりです。」

と約束してくれたのですが、

基本的には何にも変わる事はありませんでした。


やはりこれまでと同じように、一応は各販社に対し

要望があれば、どしどし意見を言ってくれと言うのですが

結局、自分が気に入らない事には

耳を貸すことはありませんでした。


僕は血液型の事はあまり分かりませんが、

彼女はB型の女性で、

人の話にB型の女性は自分本位で、

あまり人のいう事を聞かない性格の人が多いと

聞いた事がありますが、そういえばなるほどと

頷けるような気がします。


立場が変っても本質的なものは

中々変える事は出来なかったようです。
posted by 50おっちゃん at 08:26| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

I 社長の性格

彼女の長所は、強いリーダーシップと、

旺盛な行動力、それに情熱的な語り口でした。


それがネットワークのリーダーとしては

この上ない力を発揮出来たのです。


しかしながら、以前から独善的なところがあり、

人の話は聞いている振りはしていても、

結局は自分の考えを押し通し

結構強引に物事を進める嫌いがあり、

それがメンバーの反発を呼ぶ事もありました。


そのことに付いては、

僕自身も若干の懸念は持っていましたが、

僕としては、

I 社長も昔は単なる一代理店と言う立場でしたので、

それで事が済んでいましたが、

さすがに流通の元締め的な立場ともなれば、

それまでとは立場も違ってくるので、

もう少し人のいう事も耳に入れて

円滑な運営を試みるのではという

期待感もあって今度の仕事を引き受けたのでした。
posted by 50おっちゃん at 08:24| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。